ガレリアXVはメモリを16GBにすべし!おすすめカスタマイズ編

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

「ガレリアXVを買いたいけど、おすすめの構成が分からない!」
「全部デフォルトのままでも大丈夫?」

そんなお悩みありませんか?

BTOパソコンを買う際に、カスタマイズできる項目が多すぎて
逆にどこを変えれば良いのか分からなくなることってありますよね。

というわけで今回は、ガレリアXVのおすすめカスタマイズをご紹介します。
私がお伝えしたいポイントはたった一つ。
それは・・・、

メモリを16GBに!

他は変える必要なし!と言っても良いくらいこれは重要なポイントです。
何故なら、ガレリアXVの基本スペックの中で唯一弱点となっている部分が、
メモリの低さだからです。

ガレリアXVのデフォルト構成を改めて確認すると、

CPU: intel Core i7-8700
グラフィック: GeForce GTX1070 Ti
ストレージ: SSD 720GB、HDD 2TB
メモリ: 8GB

というように、全体的には価格に見合ったハイスペックなパーツで構成されているのですが、何故かメモリだけが「8GB」と、決して性能が高いとは言えないパーツとなっています。

このCPUやグラフィックボードの性能の高さを活かす為に、
8GBのメモリを、16GBにカスタマイズすることを強くおすすめします。

メモリが8GBのままではバランスが悪いため、
負荷の重い作業をする場合、メモリが足を引っ張る要因となるのは明らかです。

 

高負荷のゲームや動画編集をする人は特に。

大人気FPSゲーム「PUBG」も、推奨スペックはメモリ16GBとなっているので、
今後の新作PCゲームでも、16GBが推奨されるようになるのは間違いないでしょう。

特に、Oculus RiftやHTC ViveなどVRのゲームがしたい!
という方には、メモリが16GBであることは必須条件です。

 

動画編集をする場合でも、
今どきメモリが8GBというのは、最低ラインといえます。

「Adobe After Effects」や「Adobe Premiere Pro」など有名な動画編集ソフトは、
ほとんどがメモリ16GBを推奨しています。

ガレリアXVを買うことで作業効率も上がり、
もっと良い動画を作りたい!となったときに、メモリが8GBだと
思い通りにスムーズな作業ができず、非常にストレスとなるでしょう。

 

ユーザーの多くはメモリをカスタマイズしている!

ドスパラ公式の購入者レビューでも、ガレリアXVを買う際にメモリをカスタマイズしたという人が多くいます。その一部を紹介します。

・「ゲームをサクサク遊びたかったのでメモリを16GBにしました」
・「メモリが8Gでは足りないので多くしました」
・「メモリが8Gだったので、標準で16Gにして頂けるとなお良いかと思います」
・「注意点として、PUBGを快適にプレイしたい場合はメモリを増設したほうが良いです。 グラフィック性能は十分ですが、PUBGは特にメモリを利用することで有名なので」
・「今後発売されるBF5は推奨メモリが16GBだったので、メモリだけカスタマイズしました」

レビュー全体を見ても、メモリについて言及している人が多く、
デフォルトの8GBのままでは満足度が低いということが分かりました。

 

・ガレリアXVを購入する際は、メモリを16GBにすべし!
・メモリが8GBのままでは、満足にゲームや動画編集ができないことも。
・購入者の多くはメモリをカスタマイズしている。

というわけで以上となります。良かったら参考にしてみてください。
それでは!

ガレリアXV 公式ページへ